jQuery ファイルの読込みを Google の Libraries サイト (CDN) から参照する方法

2017/02/14

※ 2015/9/2 記事内のjQuery のバージョンを 1.10.2 から 1.11.3 へ変更しました。

jQuery を利用するには、ライブラリのファイルを読み込む必要があります。通常の JavaScript のファイルは、各自サーバへファイルをアップロードし、<script> タブにより参照するのが一般的な用法となります。

jQuery の場合も上記のように取り込むことが可能ですが、わざわざ jQuery のダウンロードサイトからファイルを取得して、サーバへアップロードしなくても、利用することができるのです。

Google やマイクロソフト、そして jQuery 本家のサイトに、jQuery ファイルを直接参照するパスが提供されています。当然の事ながら、ネットワークにアクセスできない閉じられた環境下では、利用することができませんが、一般的な Web サイトやブログ等で用いる場合は、外部サーバーのファイルを利用することで、少しは自身のサーバーの負荷軽減に役に立つかと思います。
今回は、Google Hosted Libraries のファイルを参照するサンプルをご紹介します。

jQuery を利用するための準備

Google の CDN より jQuery ファイルのリンク先を取得

Google Hosted Libraries

この「1.11.3」の部分が、jQuery のバージョン情報です。通常、jQuery ファイルをダウンロードして参照する場合は、ファイル名にバージョン情報がありますので、若干異なります。

ここでもしバージョン情報は気にせず、常にバージョン 1.x.x 系の最新のライブラリを参照することも可能です。その場合の参照方法は以下の通りです。

現時点 (2015.9.4) では 1.11.3 が最新ですが、少しバージョンが古い 1.11.1 が取得されます。常にバージョンアップした時点のものと考えるより、安定版が参照されると考えた方がいいのかもしれません。特に新しいバージョンにこだわりがなければ、前述のバージョンを直接指定した方法で参照すれば良いかと思います。(古いバージョンを参照したい場合は、該当のバージョンにパス差し替えるだけで OK です。)

jQuery ライブラリの読込みは、jQuery を使う上での最初の出だしですが、このようなサービスを Google が提供しているのを知っている方も少ないと思いますので、最初のエントリーとして投稿させていただきました。

これから少しずつ、jQuery の楽しさを伝えられるよう、頑張っていこうと思います!

PAGE TOP ↑